お風呂の残り湯を除菌する「Agイオン」

■カビを発生させないためには

お風呂にカビを生やさないためには、湿度を65%以下の状態にできるだけ長時間持続させることが効果的。

入浴後できるだけ速やかにお風呂を乾燥させることが必要です。

 

■カビが生えてしまったら

・漂白剤やカビ用消毒剤、マスク、手袋などを用意
・スポンジやモップ、スプレーで薬剤をカビにかける
・数分放置
・拭き取るか水で流す
・よく乾燥(換気をしっかり行なう必要あり)

毎回お風呂掃除をする時に手間が掛かる!という方にオススメ!!

カビを予防する対策として銀イオン(Ag+)及び、防カビ剤入りの商品があります。

 

■カビに強い防カビ剤配合銀イオン(Ag+)

難しく言うと、銀が分子状態で水に溶解し、電荷を持ち活性化したもの。
雑菌は、マイナス(-)の性質を持っています。

そこにプラス(+)の性質を持ったAg+(銀イオン)が現れるとAg+(銀イオン)が雑菌の表面に付着します。

雑菌のたんぱく質構造を破壊して菌を無力化させてしまいます。防カビ剤は、特にカビに効果があります。

 

銀ユニットから溶出される銀イオンを利用して、お風呂の残り湯を除菌します。
残り湯を除菌することで、ヌメりや臭いの発生が抑えられ、翌日の沸かし直しや洗濯用の水として安心して再利用できます。
残り湯の再利用によって節水効果が得られます。

 

amazon

「アイリスオーヤマ お風呂用Ag+除菌フロート」

 

楽天

「アイリスオーヤマ お風呂用Ag+除菌フロート」